京都・古美術のまち 鴨東古美術會トップページ 鴨東古美術會 | 骨董・古美術のまち-京都
鴨東古美術會 | 古美術のまち 鴨東古美術會 | まちの絵地図 鴨東古美術會 | お探しものは? 鴨東古美術會 | 今月の紹介作品 鴨東古美術會 | 古美術・骨董用語 鴨東古美術會 | 会員名簿

トップページ > 古美術・骨董用語 > 赤絵  
古美術・骨董に関連する用語の解説です。
   
 
赤絵
赤を主調とし、緑・紫・青・黄などの顔料で上絵付けをし、 八百度前後で焼き付けられた陶磁器のことです。 中国では宋代から見られ、日本では1644〜1648年に 柿右衛門が取り入れ、同時期に九谷でも行われるようになりました。
  
       
  一覧へ戻る 
       
   ページのトップへ
   




Copyright(c) 2003 OHTO-KOBIJUTSU-KAI All rights reserved.