京都・古美術のまち 鴨東古美術會トップページ 鴨東古美術會 | 骨董・古美術のまち-京都
鴨東古美術會 | 古美術のまち 鴨東古美術會 | まちの絵地図 鴨東古美術會 | お探しものは? 鴨東古美術會 | 今月の紹介作品 鴨東古美術會 | 古美術・骨董用語 鴨東古美術會 | 会員名簿

トップページ > 古美術・骨董用語 > 文人畫  
古美術・骨董に関連する用語の解説です。
   
 
文人畫
文人画は文人の画という属性による区別であって様式語では ありませんでした。在野の学者である文人と官吏になった士大夫らの 人々の描いた絵画を合わせて呼んでいますが、元未以来、文人画の 様式が流派化され南宗画という様式語と混同されてしまいました。 董其昌(とうきしょう)は南宗画と同じく文人画の系譜を王維・ 董源巨然(きょねん)・米外字:フツ(べいふつ)父子及び元末の四大家 としています。
  
       
  一覧へ戻る 
       
   ページのトップへ
   




Copyright(c) 2003 OHTO-KOBIJUTSU-KAI All rights reserved.