京都・古美術のまち 鴨東古美術會トップページ 鴨東古美術會 | 骨董・古美術のまち-京都
鴨東古美術會 | 古美術のまち 鴨東古美術會 | まちの絵地図 鴨東古美術會 | お探しものは? 鴨東古美術會 | 今月の紹介作品 鴨東古美術會 | 古美術・骨董用語 鴨東古美術會 | 会員名簿

トップページ > 古美術・骨董用語 > 遠州七窯  
古美術・骨董に関連する用語の解説です。
   
 
遠州七窯
江戸時代初期、小堀遠州が好みの茶入れや茶碗などを作った七つの窯のことです。 遠江志戸呂(しどろ)・近江膳所(ぜぜ)・豊前上野(あがの)・筑前高取・山城朝日・摂津古曾部(こそべ) ・大和赤膚(あかはだ)の七窯で、遠州好み七窯と呼びました。
  
       
  一覧へ戻る 
       
   ページのトップへ
   




Copyright(c) 2003 OHTO-KOBIJUTSU-KAI All rights reserved.