今月の紹介作品

美術品の詳細と店舗情報を掲載します。
[ 店舗詳細へ ]をクリックすると店舗詳細ページへ移動します。

[ 2019年8月の紹介作品 ]

紹介作品

[平蜘蛛釜・板風呂]

室町時代後期の茶は数寄者における「小間」や「炉」が主流になり鉄肌の強さを重要視するように変化していった。
桃山時代初期、茶会にて多用された平蜘蛛釜(古芦屋)・板風炉「片田儀斎」

■こちらの商品に関するお問い合わせはこちらまで。

ギャラリー葵庵

〒605-0089
京都府京都市東山区古門前大和大路東入上ル
TEL:075-532-4517
FAX:075-532-4517